代表理事挨拶

算数脳育研究会 代表理事 石川和男

『考える子どもたちの育成に貢献』

算数脳育研究会 代表理事
石川和男

IQパズル(いっきゅうぱずる)とは…

「数」「図形」「思考力」の3つの分野について、学力の土台である「センス」(感覚分野)を子ども達同士、ゲーム感覚で育成し、さらには算数の重要単元の土台となる学力を確実に向上させることができるプログラムです。

『IQパズル』の合言葉は、【覚える人になる前に考える人になろう!】です。
暗記の習慣がつく前に、考えることを習慣化させ、さらには「無」から「有」を創造することができる、クリエイティブでレベルの高い思考力を育成できます。

テキストを繰り返し問いて暗記するだけでは、本物の学力は身につきません。
『IQパズル』で日々訓練することにより、感覚(センス)が研ぎ澄まされてきます。
イメージ化能力、空間把握能力、数量感覚、思考力などが大幅に上昇し、飛躍的な学力向上に繋げます。

また、小手先のテクニックではなく、【考えることを習慣化】できるようになり、難しい応用問題などにも対応できるようなります。そうすることで勉強本来の楽しさが分かり、さまざまな強化でやる気を継続することができます。

算数脳育研究会 代表理事
石川和男

代表理事プロフィール

  • 東京大学工学部卒・経済産業省
  • 専修大学客員教授・東京女子医科大学特任教授
  • 算数脳育研究会代表理事
  • 「新報道2001」「朝まで生テレビ」などの各種番組に出演多数

算数脳育研究会会社概要・役員一覧はこちらへ